カテゴリー
未分類

Windowsのビット数とofficeのビット数は別

ビット数ってなに

「ビット(bit)」は情報(データ)の単位をあらわす単語です。
ビットはデータを表す最小単位で、データの単位は1000(10の3乗)倍ごとに増えていきます。

今ではパソコンOSのほとんどが64ビットですが、これは一度に処理するデータが64ビットということです。
ゲーム機で有名な任天堂64「ロクヨン」も、CPUが64ビットなので、名称もここから由来しています。
一度に扱えるデータ量が増えれば速度も向上します。

では、パソコンに搭載されているOS(Windowsなど)が64ビットだからといって、パソコンに入れるソフトウェアも64ビットでなければいけないのでしょうか。
そうではありません。だからoffice製品のExcel、Wordなんかは、Windowsが64ビットでもofficeは32ビット版がインストールされていたりします。

では、officeを64ビット版でインストールしないのはなぜでしょうか。それはofficeに関連するサードパーティ製品が64ビットに対応していないからです。
しかし最近では、officeのプレインストールは64bit版であったり、インストールのデフォルトが64bit版であったりします。

新しいパソコンに移行したらレガシーなシステムが動かなくなったり、サードパーティ製品が動かなくなったりということもあります。
大量データや専門的な計算を高速に行うのでなければofficeも32ビット版で十分です。officeは64ビット版にするか、32ビット版にするかはよく検討したうえでインストールしてください。

BitMailPROは、32ビット版と64ビット版をご用意しておりますのでどちらでも対応できます。
(BitMailPROはExcel、Accessを利用した、メール一斉送信ソフトウェアです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。