楽天市場やYahoo!ショッピング、さらに自社サイトと複数販売窓口を設けることは売上を確保する一つの手段です。

各サイトの提供している顧客管理や売上管理等の仕組みも便利だと思います。

しかし、顧客情報が分散して管理されるという欠点もあります。
一人のお客様が必ずしも同じサイトからのみ購入するとは限らないため、複数のサイトから購入したお客様のデータはそれぞれ別々に管理されることになるのです。

たとえば、楽天市場・Yahoo!ショッピング・自社サイトそれぞれから同じお客様が購入したとすれば、各サイトのシステムでメールを送信すると同じお客様に3通の同じメールが届いてしまうことになるのです。

また、普通に考えて自社の顧客に関するデータが全て他社の管理下にあるというのも不自然な気がします。

つまり、各サイトのシステムを利用したほうが便利な部分とそうでない部分があり、その点を理解して機能を使い分けることが大切だということです。

そして、顧客データを自社の管理下で一元管理するということも検討してみてはいかがでしょうか。

具体的には、各サイトにあるデータを統合するためのデータベースを用意し、そのデータベースを自社で管理すればいいことになります。
各サイトにある顧客データは、万一の場合のバックアップとして考えることもできるので便利です。

データベースは、市販の通販管理ソフトもいくつかありますし、独自に開発することもできます。
ただし、データベースの開発はコストと時間がかかりますので、よほど特殊なものでない限り独自に開発するのはあまり現実的ではありません。

まずは、無料で使える「受注管理データベース(RODB)」を試してみてください。
これは、マイクロソフト社のAccessで開発されていて、弊社が開発販売しているメールをデータベースに取り込むソフト(BitplusPRO)やメールを一斉配信するソフト(BitMailPRO)、さらにRFM分析を行うソフト(BitRFM)などと組み合わせると注文メールから情報をデータベース化し通販業務をスピーディ且つ正確に行えるデータベースです。

2006年6月14日には、バージョンも2.2.0となり、楽天市場の注文確認メールのヘッダーから注文者のメールアドレスを自動取得(BitplusPRO使用)するなどいくつか改良が行われました。

「受注管理データベース(RODB)」の機能をフルに活用するためには、下記の有料ソフトウェアが必要ですが、下記のソフトも無料で試用できます。

BitplusPRO8.1.6 / BitMailPRO5.2.1 / BitRFM2.0.2

■各ソフトのダウンロード先
受注管理・顧客管理データベース(RODB)


BitplusPRO8.1.6
BitMailPRO5.2.1
BitRFM2.0.2

※上記3つのソフトウェアは下記のページからダウンロードできます。
無料お試しダウンロード