インターネットマーケティングニュース(IMN)

バイラルマーケティングなどのマーケティングに関する実践的な情報サイトです。ホームページのアクセスを増やし売上を向上させるために何をすべきなのか。そのヒントになる情報が満載です。








   
W3Navi サイトナビゲーション




    これまでの記事
AccessとExcelの話
バイラルマーケティング
データベースのセキュリティ(1)
迷惑メール対策(その2)
迷惑メール対策(その1)
緊急連絡網のメール利用
個人情報漏洩とデータベース
個人情報保護法
単純で分かりやすいことの大切さ
比較検討に勝つためのポイント
良い顧客を見分ける
問い合わせやクレームへの対応
商品を早く届けること
顧客情報の集め方
データベースの役割
データベースに情報を蓄積する
データの分析
データの活用
フォームの活用
Eメールの活用
SPAMメール
オプトインメール
パーソナライズとは
顧客タイプの分類
カタログは紙媒体の方が便利
価格設定
サイバー広告
代金の決済
顧客情報の管理
検索エンジンへの登録
メールマガジンの発行
ホームページの構成を考える
懸賞サイトの利用
新聞雑誌に記事を書いてもらう
掲示板に投稿する
アフィリエイト・プログラム
アンケートの実施
既存の顧客から紹介してもらう
アクセス向上総集編
個人情報保護法
 
管理・運営について
当サイトの管理・運営は
ニュースビット株式会社がおこなっています。

関連サイト
業務効率化の助っ人
Access・Excel・Bitシリーズ有効活用
 
 
Accessを使用したデータベースの
専門サイト
 
 
受注メールをローカルで一元管理
 
 

AccessとExcelの話

Accessを使えば効率が良くなる

データベースは、「データの入れ物」というイメージを持っている方が以外に多く、データベースを使ってデータを管理している場合でもデータを実際に利用(活用)する段になると普段使い慣れている表計算ソフトExcelの出番となることが多いようです。

具体的には、データベースからCSV形式でデータを出力し、それをExcelに読み込んで、加工し、表やグラフを作成、各種レポート(書類・資料など)を出力するといった使い方です。

また、データベースを使わずにデータの管理自体もExcelで行っていて業務上、特に困っていないという場合もあります。

しかし、Excelが適している場合もありますので一概には言えませんが、多くの場合Accessでデータベースを構築することで、より効率的な処理ができるようになります。

Excelを使っている方の多くは、Excelで十分と考えているか、Excelを使わずAccessだけで同等以上のことが簡単にできることを知らないか、知っていてもAccessにそうした機能を持たせるためには相当な費用がかかると考えていているようです。

ExcelとAccessの違い

Excelを使っている方から、「ExcelとAccessの違い」に関して質問を受ける場合があります。

しかし、表計算とデータベースは、データをどのように保持し扱うかという根本的な部分が異なりますので、技術的な面では大きく異なりますが、機能面での明確な違いはそれほどありません。

つまり、「何ができるか?」という質問では、ExcelもAccessもそれぞれのソフトの機能とVBA(ExcelやAccessの機能を拡張を施すためのマクロ言語として開発されたプログラミング言語)を駆使すれば大概のことはできるのです。

肝心なことは、どちらが適しているかということで、当然のことですが、適しているものを使えば効率的になるのです。

ラーメンを「箸」と「フォーク」どちらで食べるか?

例えば、箸とフォークは、いずれも食べるための道具で、食べやすいかどうかを別とすればどちらでもラーメンを食べることは出来ます。
しかし、普通に考えれば多くの日本人は箸で食べたほうが食べやすいはずですし、箸を使ったことがない外国人ではフォークで食べたほうが食べやすいということになります。

このことから、箸かフォークを選択する際には、食べるものが「ラーメン」ということ、そして、箸とフォークのどちらをより「使いこなせるか」という点について判断していることになります。

この「ラーメン」にあたる部分は、どんな業務や処理なのかということですし、「使いこなせるか」というのは、ExcelやAccessの機能をどこまで使いこなせるかということになります。

「Access」と「専門家(プログラマー)」

企業の顧客データや売り上げデータなどデータをある期間蓄積しておいてそれを利用して処理するような業務の場合は、ほとんどの場合はAccessに向いているといえます。

また、先に述べた様に「ExcelもAccessも・・・大概のことはできる」のですが、「使いこなせれば」という条件が付きます。
一般的に、Excelはユーザーが自ら工夫し使うので専門家に開発を依頼することが少ないソフトだと思います。
それに対してAccessは、簡単なものはユーザー自身でも作れますが、Excelに比べればハードルが高く、途中まで作ってギブアップという状態になりやすいソフトです。

Excelは一般の方でもある程度のことができますので、一見使いこなしているようですが、専門家(プログラマー)がVBAなどを駆使して使いこなすレベルとはどうしても違いが出てくるのです。

つまり、先の例で「箸」と「日本人」の組み合わせは、「Access」と「専門家(プログラマー)」ということになり、Accessの機能をフルに活用し専門家(プログラマー)がデータベースを構築した方が一般的にExcelの場合より良い結果となるのです。

 

 

 

 

 

ニュースビットでは、MS-Accessで簡単な顧客管理データベースから複雑な業務管理システムまで様々な開発を行っています。一般的に専用データベースを開発すると費用も時間も相当なものになりますが、弊社では可能な限り低コストで短期間に開発することを心がけています。

  Access-db.com
 
 
業務支援ソフト    

 ・ お問い合わせ等のメールを自動で‘一括取り込み’できます
 ・ データベースからメールやメールマガジンを一括送信したいなら
 ・ 宛先不明等で戻ってくるリターンメールの処理に困ったら
 ・ お客様の購入データから‘よいお客様’を見分けるなら

   他にも使い道いろいろ業務効率化ソフトウェアBitシリーズ

>>>
>>>
>>>
>>>
BitplusPRO 【データベース自動入力受信専用メーラー】
BitMailPRO 【データベース連動一括送信メーラー】
BitSearch 【リターンメールのアドレス抽出ソフト】
BitRFM 【RFM分析ソフト】
   

新たな記事が追加されたり更新された場合などメールにてご案内させていただきますので、是非下記よりご登録ください。
 メールアドレスの登録はこちらから
   







Copyright©2008 Newsbit co.,ltd.All Rights Reserved.